« | メイン | »


Canon EOS-1V HS / EF500mm F4L IS / Fuji RHP3

2005年3月27日、日曜日。伊丹空港からSRが去るのを4日後に控えた夜、自分にとってはSRを伊丹空港で見送れる最後のチャンスでした。どこで見送るかさんざん悩んだ挙句、決めたのは東側水門ポイントでした。高校1年の夏、友人に連れられて久々に伊丹空港に来て飛行機にどっぷりはまってしまった、思い出の場所です。

今では二重になってしまったフェンスの脇に三脚を構え、500mmを載っけてその時を待ちます。SR独特の甲高いエンジン音がしだいに大きく響き渡り、悠然と目の前をスローモーションでタキシングしていきます。まだ遠くにいる段階からシャッターを切り詰め、ファインダーから溢れてしまうと、手を伸ばせば届きそうなSRを五感で受け止めました。そして、最後の離陸・・・ 日曜夜の東京行きとあってか、消防署を過ぎたしばらくしたあたりでやや重たげにリフトオフ、いつものように左旋回し、東の空へと消えていきました。

とうとう、行ってしまったかと思うと、今までSRをさんざん追いかけてきた充実感と、もう伊丹空港では見られないんだという寂しさが入り混じり、何ともいえない気持ちになったのを、つい昨日のように思い出します。

trackback

このエントリーのトラックバックURL:
http://skyways.jp/mt/mt-tb.cgi/52

コメント

うーん。
すてきな写真とエピソードにググッときちゃいました^^

僕の場合、取り壊しになる阪急百貨店の建物を何度も見納めしていたのですが何とも言葉に表現しずらい心境でした。それに似た感覚なのかなー。

SRのエンジンの音はいまでも耳に残っていて、脳裏に蘇るのはやはり東水門のあの場所ですね。
あそこで何度この音を聞いたのでしょう。

>ゴリモンさん
お久しぶりです。引き続き見てくださっていたんですね!コメントありがとうございます。

取り壊しになる阪急百貨店・・・確かに近い心境かもしれませんね!この写真の機体もすでにアメリカの砂漠行きで、今ごろ部品取りにされてるか、はたまた鉄くずにされてしまっているか・・・

ゴリモンさんのブログ、いつも見せていただいています。飛行機と同じく、デカイものつながりで結構興味アリです。e_fanさんのおかげですね。先日、出張帰りに北ヤードも見てきました。

>swallowさん
そうですね。遠くからでも聞こえてくる、キーンという独特の金属音が印象的でした。プッシュバック後、スロットルをあげて走り出す音まで鮮明に聞こえてきました。
今となっては懐かしい話です。あの音を、どこかで聴けないものでしょうか。

おばんで~~す。
東水門であの至近距離で堪能するハイピッチサウンドは格別のものがありました。
飛行機を感じるファクターで音は重要な要素ですが、新しくなればなるほど、音がインパクトが減っていくような気もします。ただ、トリプルの重低音、風向きによっては14Rから4キロばかりの延長線上にある自分んちにも届く時があり、”おっ、Takeoff rolling始まったな”って判る時もあって面白いです。

>SKY FLEETさん
うひゃー。書き込んでいただいていたことに、今まで気づいてませんでした。いかに自分ちを見てないかってことですね。なんということでしょう。ごめんなさい・・・

東水門で感じる音と匂いは格別ですね。臨場感ありまくりでした。友達とまる一日、東水門でたべってたことがあったっけ・・・いま思えば、青春の一ページでした。
(なんて、おっさんくさいですかね。笑)

ほったらかしなら、自分も負けてはいません!!
何とかせにゃいかんのはわかってるのですが…

>SKY FLEETさん
ほったらかしかと思いきや、動きが!!
と思ったら、写真展の告知でしたね。
うちも告知をいれないといけないんですが、本家はとんと更新してないしなぁ・・・
どうしようか悩み中です。

post a message

伊丹空港に在りし日の747の姿を、ストックフォトからお伝えしていきます。

写真はクリックすると大きくなります。
以前にアップロードした写真へのご意見・ご感想も大歓迎です。

Copyright(C) 2006 Takuji Sohmura

Comment

Counter

(since 2006/04/01)